November 26, 2020

OBS Replay Buffer を instant replay のように使う

OBS Replay Buffer を Geforce Experience の instant replay のように使う方法。

OBS のインストール

インストール先のディレクトリを変更していないことを前提に話を進める。

OBS の設定

基本的な OBS の設定にも触れておく。

エンコード設定

PC スペック、用途に合わせてエンコード設定する。

ビットレートの設定は適宜アップロード先の推奨ビットレートを参考にして設定。

NVENC で動きの早いゲームや色味の強いゲームを録画する際は、 ビットレートをやや多めに設定しておくときれいに取れる。

保存先の設定

出力 > 録画 > 録画ファイルのパスを保存したいところに適宜設定 (例: C:\Users\<username>\Videos\Captures)

ホットキーの設定

リプレイを保存ために一々 OBS を触っていては流石に面倒なので、任意のホットキーを設定する。リプレイバッファをオンにしていれば、設定のホットキーの項目にリプレイバッファの項目が見えている。

ログオン時に OBS を自動起動させる

いちいち手動で起動させなくて済むので、やっておくと便利。

Win + R から、shell:startup を入力し OK。

右クリック > 新規作成 > ショートカットから、シートカットを作成する。

項目の場所に "C:\Program Files\obs-studio\bin\64bit\obs64.exe" --startreplaybuffer --minimize-to-tray を指定。次へを押して、任意の名前 (OBS Studio 等) を設定後、完了。

余談ですが、自分は起動パラメータを以下のように設定しています。

--startreplaybuffer --minimize-to-tray --collection "default" --profile "default" --scene "replay"

こうしておくことで、プロファイルとシーンコレクション、シーンを明示的に指定できるため、気持ち安心できます。

さらに、 OBS の設定 > 一般 > システムトレイのチェックボックスをすべてチェックする。

最後に、PC を再起動して OBS Replay Buffer が走っていることを確認して終了。

Geforce Experience と比べた際のよさそうな点として、ゲーム上にオーバーレイを重ならない点があげられそう。Steam のオーバーレイと同様、多少なりとも重くなる気がするので。

また劣っていると感じる点はゲームごとのフォルダリングができない点。プラグインで何とかできそうっちゃできそうではあるけど。


  • 2021/09/21 記事を修正

Twitter Hatena Feedly

© www.rhpav7.com